【10月20日】 SDGsへの挑戦/目標13「気候変動」国際シンポジウム -キリバスの事例から-

最終更新: 7月11日


お申し込みは、こちら

地球環境パートナーシッププラザと国連大学サステイナビリティ高等研究所がEPO東北の協力のもと、キリバス共和国からゲストを呼び開催するシンポジウムです。

|日 時| 10月20日(金)14:00~17:00(開場13:30)

|場 所| 国連大学5Fエリザベス・ローズ国際会議場(東京都渋谷区神宮前5-53-70)

|主 催| 国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)

|協 力| 東北環境パートナーシップオフィス(EPO東北)

|定 員| 100名(無料)

プログラム(予定)

開会あいさつ 竹本和彦 UNU-IAS 所長

講演① 「キリバス共和国とは?キリバスと日本との意外な関係」 キリバス共和国名誉領事館 名誉領事・大使顧問 ケンタロ・オノ氏

講演②「気候変動問題の最前線キリバスからの報告」 KiriCAN(Kiribati Climate Action Network)理事長 Meere Riwata氏

講演③「気候変動問題に対するキリバス共和国のエネルギーの取り組み・責任のある国際社会の一員として、そしてキリバス共和国を守るために」 キリバス共和国 インフラ・持続可能なエネルギー省 エネルギー計画局長 Kireua Bureimoa氏

講演④「気候変動対策の国際的な動向とUNU-IASの取組」 UNU-IAS JSPSフェロー Lisanne Groen氏

パネルディスカッション「国際的なパートナーシップで気候変動問題(SDGs目標13)にどう取り組むか」

 モデレーター  ・環境パートナーシップ会議 副代表理事 星野智子

 パネリスト  ・ケンタロ・オノ氏  ・Meere Riwata氏  ・Kireua Bureimoa氏  ・Lisanne Groen氏  ・KiriCAN理事・技術顧問 Toaki Arinoko氏

司会:UNU-IASシニアプログラムコーディネーター 渡邉 綱男

詳しくはこちら

お申し込みはこちら

#関連情報

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon

​Copyright © SDGs市民社会ネットワーク All rights reserved.