【1/21】グローバル・エイズ・アップデート 第334号発行

最終更新: 2日前


グローバル・エイズデー・アップデート第333号が発行されました。 ----------------------

●対策・課題別記事、アフリカ以外の地域別記事

・治療に関する野心的な目標が案件パフォーマンス枠組みに反映されていない=グローバルファンドの「案件承認委員会」が懸念を表明

・(スイス)ジュネーブのNGOが運営する安全な薬物注射センターをUNAIDS理事会メンバーたちが見学

・移行国における「鍵となる人口集団」へのサービスの持続性について調査するツールが開発される

●アフリカの地域別記事

・(ナミビア)学校での HIV 検査の義務化が効果的な施策となりうる可能性

・(ケニア)大きな進歩と残された課題

・(ケニア・ウガンダ)ケニアとウガンダで注射できるHIV薬の試用が行われる

(全体)http://melma.com/backnumber_123266_6636183/ ◎記事を分野別に分けたブログは以下から閲覧できます。 http://blog.livedoor.jp/ajf/ ◆発 行:(特活)アフリカ日本協議会 ◆連絡先: ・東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル3F ・電 話:03-3834-6902 ・FAX:03-3834-6903 ・電子メール:info@ajf.gr.jp ◆Melma!を通しての購読申し込みは http://www.melma.com/backnumber_123266/ ◆本メールマガジンから転送・引用を行う場合は、事前に発行者にご連絡をお願いします。

#エイズ

0回の閲覧

​Copyright © SDGs市民社会ネットワーク All rights reserved.