【開催報告】5/27(水) SDGsボトムアップ・アクションプラン 2020 発表ウェブセミナー「コロナ時代のSDGs~『誰一人取り残さない』ための市民社会からの政策提言活動~」

SDGs市民社会ネットワーク(以下、SDGsジャパン)が昨年12月から準備をしてきた、SDGs全体に対する政策提言集「SDGsボトムアップ・アクションプラン2020春版」が完成しました。行動の10年、コロナ禍を越え、「誰一人取り残さない」社会の実現について、政策提言について語り合うウェブセミナーを開催。60名を超えるZoomへのご参加と、440名以上の方にYouTubeアクセスをいただきました。

前半は、実際に活動を行っている4名の市民社会メンバーを登壇者として迎え、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に必要とされる対策・施策や、この影響を乗り越えて「誰一人取り残さない」社会を実現する手立てについて議論しました。後半ではSDGsの視点を取り入れたCOVID-19対策の重要性を踏まえ、参加者の皆様と分科会の後、全体で意見交換を行いました。

 

<YouTube 記録動画リンク>(一部を編集しています)

https://youtu.be/46gJzSTf9B4

<構成>

日時 :2020年5月27日(水)14時30分〜16時30分

場所 :ZoomでのウェブセミナーおよびYouTube配信

参加費:無料 (本セミナーは一部地球環境基金の助成を受けて運営されました)

主催 :一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク(SDGsジャパン)

14:10〜14:30 Zoomの使い方説明会(希望者のみ)

14:30〜14:35 接続の確認

14:35〜14:50 開会挨拶とSDGsボトムアップ・アクションプラン2020のご紹介

14:50〜15:30 登壇者からの発題(各10 分)

15:30〜16:00 グループセッション

16:00〜16:25 全体討論

16:25〜16:30 閉会挨拶

<登壇者(五十音順)>(カッコ内は発題の主なテーマ)※敬称略

稲場雅紀 SDGsジャパン  政策担当顧問(国際・人権/保健)

大西連  自立生活支援センター・もやい 理事長 (国内・貧困/格差)

大橋正明 SDGsジャパン  共同代表(国際・貧困/格差)

三輪敦子 SDGsジャパン  共同代表(人権/ジェンダー)

<議事録>

記録:西田吉蔵さん(SDGsジャパン、フェロー)、星野智子(SDGsジャパン、業務執行理事)

開会挨拶

大橋正明(SDGsジャパン共同代表)

「SDGsボトムアップ・アクションプラン2020」を提出し、政府が作る実施計画に反映していただくための出発点として開催させていただいた。権力を持った人たちの見方と普通の人たちのモノの見方が違うと感じている。貧困、飢え、差別がない状態が平和。積極的平和は武力を持っていると政府は考えている。新型コロナウィルス感染症(以下、COVID-19)でも行政の対応に視点の違いを感じる。