国際生物多様性の日シンポジウム「生物多様性とSDGs」


毎年5月22日を、国連が国際生物多様性の日と定めており、生物多様性条約(CBD)事務局が中心となり、世界中で生物多様性の保全に関する催事が行われています。

本年については、国際テーマである「生物多様性条約25周年」を祝うとともに、地域(ローカル)レベルでの生物多様性保全の取組が魅力ある地域づくりにつながっている事例を紹介し、こうした事例が全国に拡大していくために必要な戦略について有識者等から提言を得ること、そして、これらの取組が国際(グローバル)目標である愛知目標やSDGsの達成に貢献するものと再認識することを目的とし、本シンポジウムを5月24日(木)に国連大学において開催します。

 

国際生物多様性の日シンポジウム「生物多様性とSDGs」

  • 日時 2018年5月24日(木)13:30-17:00(開場13:00)

  • 場所 国連大学エリザベス・ローズホール

  • 定員 110席

  • 費用 無料

  • 主催 環境省、岡山大学、国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)、SDSN(持続可能な開発ソリューション・ネットワーク)Japan 

  • 協力 国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)

  • 構成(予定)

 <司会>UNU-IASシニアプログラムコーディネーター 渡辺綱男 (1)主催者あいさつ 13:30-13:50(20分)

(2)CBD事務局長ビデオメッセージ 13:50-14:00(10分)