気候ネットワーク設立20周年記念フォーラム「加速する脱炭素革命〜ビジネス・SDGs・金融・雇用・市民の新しいアクション〜」


パリ協定や持続可能な開発目標(SDGs)が合意され、世界では再生可能エネルギーの主流化や石炭火力発電の撤退といった「脱炭素革命」と呼ぶべきトレンドが加速しています。その背景には、深刻化する気候変動への危機感と、再エネ100%への転換こそビジネスチャンスという認識があります。しかし、日本では今もなお原発と化石燃料への依存を続けようとしています。

今回のフォーラムでは、ビジネス、SDGs、金融、雇用といったテーマで活躍するスペシャリストと脱炭素革命の時代に必要な新しいアクションを考えます。また、市民の気候アクションをサポートしてこられたルー大柴さんや湯川れい子さんと一緒に、設立20周年を迎えた気候ネットワークの活動を振り返り、新たな展望を描きます。ぜひご参加ください。 ○気候ネットワーク設立20周年記念フォーラム 日時:6月10日(日)13:00〜16:30 (12:30 開場) 会場:日比谷図書文化館 大ホール(東京都千代田区日比谷公園1-4) アクセス・地図:https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/access/ 参加費無料・要事前申込み <プログラム(予定)> 第一部:20周年記念セッション(13:35~14:30) 1.スペシャル・メッセージ ワエル・フマイデンさん(Climate Action Network International 代表)

2.応援メッセージ対談 湯川れい子さん(音楽評論家・作詞家) ルー大柴さん(タレント・MAKE the RULE キャンペーン呼びかけ人) 聞き手:櫻田彩子さん(エコアナウンサー)

3.リレートーク「気候ネットワーク20周年に寄せて〜脱炭素革命と市民のアクション〜」 廣岡睦さん(Climate Youth Japan) 板谷伸彦さん(日本生活協同組合連合会サステナビリティ推進部長) 棚尾真理絵さん(350.org Japan広報担当) 木村結さん(原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟事務局次長)

4.報告「脱炭素革命を加速させるための気候ネットワーク提案」 第二部:トークセッション「脱炭素革命の時代:いま行動すべきこと」(14:45~16:30) パタゴニアが考える責任あるビジネス:辻井隆行さん(パタゴニア日本支社長) SDGsにみる気候変動対策の重要性:根本かおるさん(国連広報センター所長) エネルギー大転換とジャスト・トランジション:南部美智代さん(連合 副事務局長) 金融の流れで変わる世界:夫馬賢治さん(株式会社ニューラル代表取締役)

○気候ネットワーク設立20周年記念パーティー 気候ネットワーク設立20年を記念してパーティーを開催します。 時間:6月10日(日)17:30頃から2時間程度 場所:above GRILL & BAR 虎ノ門ヒルズ店 参加費:5,000円(食事・ドリンクつき) *参加される場合は、お申込みの際にパーティ参加希望についても記載してください。

参加申込み:参加ご希望の方は予めこちらのフォームからお申し込みください。 または、(1)お名前、 (2)ご連絡先(メールアドレス)、(3)気候ネットワーク会員種別(会員/一般)、(4)ご質問やメッセージなど(任意)を添えて、メール、FAXにて気候ネットワークまでお申込みください。 お申込み・問合せ:気候ネットワーク京都事務所 〒604-8124 京都府京都市中京区帯屋町574番地高倉ビル305 TEL: 075-254-1011 FAX: 075-254-1012 E-mail: kyoto@kikonet.org 主催:特定非営利活動法人気候ネットワーク

協力:eシフト、グリーン連合、パワーシフト・キャンペーン、CAN-Japan、SDGs市民社会ネットワーク他 *このフォーラムは、平成30年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて開催します。

#関連情報

106回の閲覧
最新記事