Report: 9/25 SDGs採択3周年記念イベント サステナブル・ストーリー・プロジェクト第4弾「災害から何を学ぶのか:日本・フィリピンの経験から見えてくるSDGs時代の防災」


9月25日、聖心女子大学でSDGs市民社会ネットワークの共催イベント SDGs採択3周年記念イベントサステナブル・ストーリー・プロジェクト第4弾 「災害から何を学ぶのか:日本・フィリピンの経験から見えてくるSDGs時代の防災」が開催されました。

【概 要】

日 時:2018年9月25日(火)18:30-20:30

会 場:聖心女子大学グローバルプラザ(4号館)3階 ブリット記念ホール

主 催:一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク(SDGsジャパン)

共 催:国際開発学会社会連携委員会、防災・減災日本CSOネットワーク(JCC-DRR)

協 力:聖心女子大学グローバル共生研究所

【イベント趣旨】

SDGsが採択されて3年が経過

2015年9月25日、国連総会で世界中の首脳が、「持続可能な開発目標」と採択。2000年に採択されたミレニアム開発目標に続く次の目標は、「社会」「環境」「経済」に着目し、「誰ひとりとり残さない」ことを掲げる、意欲的なものとなりました。

SDGs市民社会ネットワークでは、採択から3年たったこの日、第4回サステナブル・ストーリー・プロジェクトとして、フィリピンの農村開発NGO、西日本豪雨の被災地で活動する岡山のNPO、そして気候変動に関する政策提言を行うNGOをゲストに迎え、「防災」「気候変動」「持続可能なまちづくり」をテーマに、「つづく社会」づくりのあり方を議論しました。

ハイヤン台風被害への支援に取り組んだNGO「PRRM(Philippine Rural Reconstruction Movement/フィリピン地方再建運動)」のベッキー・マレーさんからフィリピンの災害支援の現状をお聞きしつつ、岡山で豪雨災害支援に取り組む石原達也さんと、日本政府に対して気候変動対策を提言する気候ネットワークの桃井貴子さんとともに、国内外での防災課題を考えました。

世界各地で多発する災害と気候変動の関わり

2018年7月に発生した西日本豪雨は、多くの地域で河川の氾濫や浸水害、土砂災害が発生し、死者数が200人を超える甚大な災害となりました。また、上水道や通信といったライフラインに被害が及んだほか、交通障害が広域的に発生する「平成最悪の水害」となりました。現在も被災地域では、多くのボランティアなどが連携した支援活動が行われています。

こうした災害の中で近年指摘されるのは温暖化による「想定外」の災害の多発と、これまでにない「防災」の取り組みの重要性です。日本の各自治体ではどんな取り組みが行われているのか、またどんな取り組みが求められるべきなのか、考える必要があります。

多発する災害に私たちはどのように対策すべきなのか、地域ですべきことは何か、日本とフィリピンの事例をもとに考える本イベントには、直前の広報に関わらず50名が参加。問題への関心の高さがうかがわれました。会場からはフィリピンの事例や災害からの復興を通じたエンパワーメントの重要性、地域のコミュニティ機能のあり方といったスピーカーからの指摘に対する賛同など、様々な意見を聞くことができました。

SDGs市民社会ネットワークでは、今後も地域における課題を様々な角度で考える機会を提供していきます。

【プログラム】

司会:長島美紀(SDGs市民社会ネットワーク 業務執行理事)

18:30 開会挨拶 黒田かをり(SDGs市民社会ネットワーク 代表理事/国際開発学会)

18:35 キースピーチ①「フィリピン台風から学んだこと」

ベッキー・マレー(PRRM/GCAP Global 共同議長)

*逐次通訳:今田克司(SDGs市民社会ネットワーク業務執行理事)

19:10 キースピーチ②「西日本豪雨の現状と岡山の取り組み~地域のつながり、情報発信」

石原達也(岡山NPOセンター代表理事/SDGs市民社会ネットワーク理事)

19:25 キースピーチ③「気候変動と災害:今、世界はどう考えるのか?」

桃井貴子(気候ネットワーク 東京事務所長・理事)

19:40 ダイアログ「レジリエンスな地域づくりとは?災害支援を通じて見えるコミュニティづくり」

モデレーター:新田英理子(SDGs市民社会ネットワーク事務局長代行/日本NPOセンター特別研究員)

20:25 閉会挨拶

大橋正明(聖心女子大学人間関係学科教授/防災・減災日本CSOネットワーク(JCC-DRR)共同代表/国際開発学会社会連携委員会委員)

20:30 終了

【当日概要】

キースピーチ①「フィリピン台風から学んだこと」

/ベッキー・マレー(PRRM/GCAP Global 共同議長)」

     通訳:今田克司(SDGs市民社会ネットワーク 業務執行理事)

 災害復興において、PPRM(Philippine Rural Reconstruction Movement/フィリピン地域再建運動)はクリエイティブな方法を採用しています。例として、衛生や保健、災害等の研修やセミナーなどを開催し、組織のリーダー育成を行いました。そして沿岸の資源マネジメントやコミュニティを中心とした災害リスク軽減(DRR / Disaster Risk Reduction )を行っています。

 農業に関しては、有機農業に関するトレーニングを通じたネットワーク構築を行いました。これによって持続可能な農業や職業の開発につながります。そして農業支援の際には野菜の種を配って試験的な農場をつくり、野菜の栽培方法を実演し、貧困から脱却するための生計支援を行っています。

 さらに生活支援の一環として、野菜だけではなく豚・鶏・アヒルなどの家畜の育て方、そして、ココナッツオイルの製造支援もしています。コミュニティの住民に対する支援活動は、自治体の農業管轄部署と共に実施しています。

 これらの災害復興を通して、私たちはいくつかの教訓を得ました。まず、人の参加を促進すること。そして住民がプライドを持って再建を行うためのイノベーションの重要さです。また、活動の一環として、気候変動や生物多様性に関して国際条約に向けた枠組みにも関わっており、保健・自治・生計のあらゆるエコシステムによって事業を展開しています。人々のレジリエンスの強化も重要です。他のネットワーク団体とも手を組み、人材育成に取り組んでいます。持続可能な開発を地域レベルで行うには人の参加が大事ですので、これからも連帯の気持ちを持って仕事を続けたいと思います。

キースピーチ②「西日本豪雨の現状と岡山の取り組み~地域のつながり、情報発信」

/石原達也(NPO法人岡山NPOセンター代表理事/SDGsジャパン理事)