政府「SDGs実施指針」改定に向けたSDGsジャパンの取り組み

SDGsの実現に向けた日本政府の国家戦略である「SDGs実施指針」は、2016年12月に策定され、国連で4年に一回開催されるSDGsサミット(持続可能な開発のためのハイレベル政治フォーラム首脳会議)の年毎に改定されることになっていました。2015年9月の「国連SDGs採択サミット」以来初めての「SDGsサミット」開催年となった2019年の6月の政府「SDGs推進本部」会議において指針の改定が決まり、12月の「SDGs推進本部」会議に向けて改定作業が取り組まれることになりました。

SDGs市民社会ネットワークは、2016年の「SDGs実施指針」策定に、様々な形で協力しました。また、この指針策定に向けて常設機関としてつくられた「SDGs推進円卓会議」にも、市民社会から構成員3名を選出し、積極的にかかわってきました。今回のSDGs実施指針改定についても、円卓会議の構成員として、また、市民社会のアドボカシーの調整役として取り組んできました。その経緯と成果について、以下説明します。

 
  1. 9月6日「SDGs実施指針改定に向けたステークホルダー会議」に向けて

提言を塚田玉樹・SDGs推進本部幹事会副議長に手渡す。

政府の