10/27 オンラインセミナー案内「このままでいいの?SDGs~自発的国別レビュー(VNR)から見えること~」

10月27日(水)に、「みんなのSDGs」と共催オンラインで、オンラインセミナー「このままでいいの?SDGs~自発的国別レビュー(VNR)から見えること~」を開催いたします。


皆様のご登録をお待ちしています。

https://bit.ly/3FHoaZ1

(お手元のネットセキュリティが高い場合、リンクへつながらないことがございます。その場合は携帯や別接続からおつなぎいただくか、teigen@sdgs-japan.netまでご連絡ください。 )


2021年7月、国連ハイレベル政治フォーラム(以下、HLPF)において、日本政府は4年ぶりに自発的国別レビュー(以下、VNR)を発表しました。VNR作成プロセスではSDGs推進円卓会議を通じて市民社会などの意見を反映させるスペースが確保され、また原案に対するパブリックコメント(*1)も実施されましたが、市民社会をはじめとする様々な声を反映させるプロセスは十分だったでしょうか?


また、VNRが発表された7月15日前後におけるHLPFやVNRに関する報道も少なく、日本社会におけるSDGsへの認知や関心の高まりと、それにともなう様々なSDGs施策を連日のようにメディアが報道している現状を考えると、非常に残念な結果だったとも言えます。


私たちは、新型コロナウイルス感染症によるパンデミックがこれまで積み上げてきたSDGs達成に向けた成果を一気に後退させているという非常に懸念すべき状況に直面しています。SDGs達成期限まで残り9年、「続く地球」と「続く社会」を実現するために「行動を加速させる10年」を今こそマルチ・ステークホルダーで推進する必要があります。


このオンラインセミナーでは、日本のVNR2021から明らかになった成果と課題を踏まえ、SDGs達成に向けた現状と課題、今後必要な行動について議論と理解を深めます。後半は、「環境」、「格差・不平等」、「ジェンダー」、「若者」をキーワードとして発題をいただき、参加の皆様からの質疑も歓迎します。SDGsを立ち止まらせないために私たちができることをVNRのレビューを通して皆様と一緒に考え、マルチ・ステークホルダーによる「誰一人取り残さない」SDGs達成に向けた行動の活性化と加速化の機運を高めます。


 

イベント概要

【主催】みんなのSDGs、SDGsジャパン

【後援】慶應義塾大学SFC研究所xSDG・ラボ国連広報センターFuture Earth Japan Hub

【日時】2021年10月27日(水)18:30〜20:30

【場所】zoomオンライン

【参加費】無料

【登録方法】https://bit.ly/3FHoaZ1

(お手元のネットセキュリティが高い場合、リンクへつながらないことがございます。その場合は携帯や別接続からおつなぎいただくか、teigen@sdgs-japan.netまでご連絡ください。 )

【お問合せ先】SDGsジャパン事務局(担当:久保田)teigen@sdgs-japan.net


当日プログラム

*時間等変更の可能性があります

全体司会 佐藤寛(みんなのSDGs)

開会挨拶 明石秀親(みんなのSDGs 代表)


1)SDGs推進の枠組みとVNRの位置付けの紹介


2)VNR2021の概要と作成プロセスの振返り:成果と課題

  ① 日本のVNR2021ビデオ上映

  ② VNR2021の作成プロセスの説明とコメント

<発題者>

三輪敦子(SDGsジャパン 共同代表理事)

<ビデオレターによるコメント>

蟹江憲史さん(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 教授 )

根本かおるさん(国連広報センター 所長)


3)VNR2021の内容の振返りと今後について

<発題者>

稲場雅紀さん(アフリカ日本協議会 国際保健部門ディレクター)

持続可能な社会に向けたジャパンユースプラットフォーム

春日文子さん(国立環境研究所 特任フェロー)

北郷美由紀さん(朝日新聞社 SDGs担当編集委員)


4)質疑応答


閉会挨拶 大橋正明(SDGsジャパン 共同代表理事)


 

「みんなのSDGs」とは:学会、NGOs、CSOs、政府系開発援助機関などが、SDGs関連情報発信等を継続し、日本におけるSDGsへの興味や関心を高めていくために立ち上げられました。

みんなのSDGsはこちら:http://www.our-sdgs.org/index.html


ご参加をお待ちしております。


閲覧数:553回
最新記事
​カテゴリー