10/22 北東アジアSDGsマルチステークホルダー・フォーラム「市民社会セッション」のご案内

毎年、国連が主導し、世界各国のサブ地域においてSDGsの進捗をレビューする国際会議が開催されています。日本は北東アジア・サブ地域に属しており、中国・朝鮮民主主義人民共和国・モンゴル・韓国・ロシアとともに、国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)の主催で、「北東アジアSDGsマルチステークホルダー・フォーラム」が10月28日(木)・29日(金)に開催されます。


このフォーラムに向けて、北東アジア・サブ地域の市民社会として情報を交換し合い、市民社会として共通の声を作っていくための「市民社会セッション」が開催されます。基本情報は以下の通りです。


■日時:2021年10月22日(金)14:00-18:30(日本時間)

■方法:Zoomを用いたオンライン会議(URLは登録者に送付されます)

■使用言語:英語(通訳なし)

■参加登録:https://forms.gle/zRgZ9Wmpg8crwwrdA

■締切:2021年10月20日(水)

■主催者:アジア太平洋市民社会参画メカニズム(APRCEM)東・北東アジアサブ地域グループ(ENEA sub regional group)


■趣旨:

市民社会セッションでは、2022年に開催されるグローバルレベルでのSDGs進捗フォローアップの機会である国連ハイレベル政治フォーラム(HLPF)にて評価の対象となるSDGs目標4(教育)、5(ジェンダー)、14(水域生態系)、15(陸域生態系)、17(パートナーシップ)に焦点を当て、北東アジア6カ国のうち4カ国(日本、モンゴル、韓国、ロシア)の市民社会が報告・対話して、10月28日・29日に開催される北東アジアSDGsマルチステークホルダー・フォーラムに向けて、市民社会のポジションを議論します。


日本からはSDGs市民社会ネットワークの開発ユニットを中心に準備を進めており、以下のメンバーが登壇します。


・目標4:中村絵乃(開発教育協会)

・目標5:草野洋美(ジョイセフ)

・目標14・15:宮本育昌(コーラル・ネットワーク)

・SDGsの進展と市民社会の参画:稲場雅紀(アフリカ日本協議会)

・各セッションのモデレーター:

  堀内葵(国際協力NGOセンター)

  関根白圭さん(Climate Youth Japan)

  稲場雅紀(アフリカ日本協議会)


詳細プログラムおよび各国の発言者については、コンセプトペーパーおよび案内チラシをご参照ください。






北東アジア地域におけるSDGs進捗を確認する機会として、ぜひともご登録、ご参加のほど、どうぞよろしくお願いします。


また、10月28日・29日の北東アジアSDGsマルチステークホルダーフォーラムでも、すべてのセッションで市民社会の声が紹介されます。

日本からは、目標5(ジェンダー)のセッションで、日本YWCAの山口慧子さんが登壇します。

https://www.unescap.org/events/2021/north-east-asian-multistakeholder-forum-sustainable-development-goals-2021


また、10月15日(金)には北東アジア地域の若者によるユースフォーラムが開催されるほか、本番に近い日程で地方自治体セッションも開催予定です。

これらについても案内文が確定し次第、お知らせいたします。




(開発ユニット)

閲覧数:156回
最新記事