【SDGsに関する政党アンケート結果】各政党結果公開


SDGs市民社会ネットワーク(以下、SDGsジャパン)は、2022年7月10日に行われる第26回参議院議員選挙(以下、参院選)に向けて、主要政党(自由民主党、公明党、立憲民主党、日本共産党、日本維新の会、国民民主党、社会民主党、れいわ新選組、NHK党)に対しSDGs政策に関するアンケートを実施しました。このうち、日本維新の会とれいわ新選組は無回答でしたが、その他の政党からは回答を頂きましたので、以下に結果を公開いたします。


国内でのSDGsの認知度は高まっているものの、気候危機、コロナ危機、ウクライナ危機など、国内外で課題は山積しています。それらの課題の解決にあたり、SDGsの達成に向けたあらゆる行動はますます重要になっています。


SDGsジャパンは、昨年の衆議院選挙でもSDGsに関するアンケートを主要政党に実施したところ、回答いただいたすべての政党が、SDGsは「重要であり喫緊の課題」としていました。今回のアンケートでは、SDGsの達成に向けて政党が取り組んでいる具体的な活動やSDGsに関する考えについて、合計4項目質問しました。


<アンケート概要>

アンケート名: 「SDGsに関する政党アンケート」

対象: 総務省HP「政党・政治資金団体一覧」(2022年4月25日現在)に掲載されている政党(自由民主党、公明党、立憲民主党、国民民主党、日本維新の会、日本共産党、れいわ新選組、社会民主党、NHK党)

期間: 2022年6月2日〜6月15日 

方法:アンケート用紙・Googleフォーム (アンケート本文はこちら)


【回答の結果】

*設問や選択肢を簡略化しています。

*政党からの回答はそのまま記載しています。

*回答は与野党別で参議院の議席数順で表記しています。

*アンケート本文は最後にリンクがございます。


質問1【SDGsを達成するために党で実施している取り組み】

(その他)に記載があった内容

【立憲民主党】SDGs基本法案を国会に提出。

【国民民主党】持続可能な世界を残すために、国際社会が2030年を目標として取り組む国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を推進します。「人間の安全保障」の理念に基づき、気候変動対策、クリーンエネルギーの推進、人権の保護、ジェンダー平等と女性・女児のエンパワーメント、包摂的で公正な社会の構築などに取り組みます。

【NHK党】諸派党構想・政治版と検索して、ご参加下さい。