【イベント案内】今後12年の社会教育・成人教育の展望

SDGsジャパンの事業統括ユニットのひとつ、教育ユニットで活動する特定非営利活動法人開発教育協会(DEAR)が主催する、オンラインイベントをご紹介します。


詳細と申込方法

http://www.dear.or.jp/event/10480/

※9月26日(月)締切

 


人の一生のほとんどは「成人期」であるのにもかかわらず、今の社会では、成人学習・教育(ALE)の機会は重視されていないのが現状です。また、持続可能な未来への変革には、今の社会を担う成人の学びは不可欠です。成人の学びをどのように進めていけばよいか、国際的な動向と共に、一緒に考えませんか?


フォローアップミーティングでは・・・

1、CONFINTEAⅦの会議概要及びマラケシュ行動枠組みについて共有します。

2、日本のフォローアップの方策について、以下を議論します。

① 国内での成人識字について

② 成人学習・教育と社会教育におけるアクティブ・シティズンシップ

③ 3年後に実施される成人学習・教育についての調査の対応


▼日時

10月1日(土)13:00-16:00


▼対象

成人学習・教育や社会教育実践者・研究者、ユース・青少年団体指導者、NGO/NPO関係者、テーマに関心のある方


▼会 場

オンラインにて開催 (Zoom ミーティング)

※お申し込み後、メールにて参加用のリンクと説明をお送りします。


▼参加費

無料


▼定 員

100名程度 (先着順・要事前申込)


▼プログラム

 1.全体挨拶  13:00-

 湯本浩之(DEAR代表理事)

 青柳茂(ユネスコ・アジア太平洋地域教育事務所所長)


 2.主旨説明・会議概要について  13:15-

 近藤牧子(DEAR副代表理事、日本社会教育学会常任理事)


 3.マラケシュ行動枠組みについて  13:35-

 三宅隆史(教育協力NGOネットワーク(JNNE)事務局長)


 4.日本政府の関りについて  13:55-

 文部科学省総合教育政策局(調整中)

 質疑応答


 5.会議のフォローアップとアクションについて  14:30-

 論点提示:近藤牧子、三宅隆史

 コメント:大安喜一(ユネスコ・アジア文化センター、基礎教育保障学会)「マラケシュ行動枠組みを踏まえたリテラシー調査の役割と意義」の動向などから

 応答:文部科学省総合政策局(調整中)


 6.グループディスカッション  15:10-


 7.今後について  15:45-

 ・マラケシュ行動枠組みの周知について

 ・次期「成人学習・教育のグローバル・レポート(GRALE)」対応について


▼詳細と申込方法

http://www.dear.or.jp/event/10480/

※9月26日(月)締切


▼録画

本ミーティングでは、録画をする予定です(ブレークアウトセッション以外)。事情がありご欠席をされる場合などは、事務局まで録画案内を希望する連絡をされた方に、二週間程度ご案内いたします。


▼主 催 認定NPO法人開発教育協会(DEAR)

▼協 力 基礎教育保障学会、日本社会教育学会、日本公民館学会、公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター、教育協力NGOネットワーク(JNNE)(SDGsジャパン教育ユニット幹事団体)(予定)

▼後 援 公益社団法人日本ユネスコ協会連盟(申請中)

▼助 成 地球環境基金

閲覧数:25回

最新記事

すべて表示
最新記事