SDGs市民カレッジ2022:Peace~SDGsに書かれていない平和の話~



平和なくして持続可能な社会はなし。


17のゴールから成るSDGsは、ウクライナ危機で分断され混迷を深める世界で、誰1人取り残さない社会作りのための、大切な道しるべです。


3年目を迎えるSDGsジャパン主催市民カレッジ2022は、全5回の講座を、平和(PEACE)に焦点を当てて開催します。


1回目には核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員でもあるピースボート共同代表の川崎哲さんを迎え全体的な概要をつかみます。2回目からは「核と平和」を柱に、環境や基地問題、食料、ジェンダー、暮らし、難民・避難民、暴力との関わりについて、そして問題解決のための多様な関係者との連携のあり方など、実践から学び、課題を深掘りし、平和な世界に向けた道のりをみなさんと一緒に考えます。



【概要】

  • 日時:10月14日(金)~12月16日(金)までの全5回 各回とも15:00~17:00で開催

  • 会場:zoomによるオンライン方式

  • 人数:30名

  • 対象:SDGs・平和問題について関心のある方、一般、学生


※講師略歴は随時更新しています(9/26現在)。


VOL.1 10月14日(金)“平和”に関する全体構造と最新情報

初回では川崎哲さんを迎え全体的な概要をつかみます。平和にまつわる課題は政治状況や経済、環境、地域、宗教や、科学、歴史にいたるまで多岐にわたります。今捉えるべき課題を俯瞰し、誰もが平和を望んでいるのに、なぜ叶わないのか、市民社会の役割は何か、など市民の視点、SDGs達成の視点で理解すべき事柄を押さえていきます。

  • キーワード:平和構築、軍縮、科学技術と軍備、テロリズム、暴力過激主義、貧困、軍事費、軍事外交

  • 講師:川崎哲さん(ピースボート共同代表、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員)

  • ファシリテーター:長島美紀(SDGsジャパン理事)


講師略歴:川崎 哲 さん

ピースボート共同代表 / 核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員

核廃絶プロジェクトを中心に、平和や脱原発などさまざまなキャンペーン、アドボカシー活動に携わる。2017年にノーベル平和賞を受賞した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)で国際運営委員兼会長を務める。ピースボート共同代表。著書に「核兵器 禁止から廃絶へ」(岩波ブックレット)ほか。


ファシリテーター略歴:長島美紀

SDGsジャパン理事、政治学博士。先進国の難民受け入れ政策を研究する傍ら難民支援活動などに参加。その後様々なNGOや財団の運営に従事。SDGsジャパンでは、普及啓発事業を担当し団体広報やイベント企画など運営。朝日新聞デジタルのコメンテーターを務める他、21年8月からは内閣府男女共同参画推進連携会議有識者議員としても活動。著書に「FGM(女性性器損傷)とジェンダーに基づく迫害概念をめぐる諸課題―フェミニズム国際法の視点からの一考察」(早稲田大学出版)。


VOL.2 10月28日(金)SDGsと核と平和と人々(避難民、被災者、次世代)

戦争によって幸せに安全に暮らす権利を奪われた避難民、被災者の人々が今も世界中にいます。この回では戦争の当事者となる人々に焦点を当て、核の非人道性について当事者の視点から理解し、戦争のない世界をつくるにはどのような社会のあり方が必要なのか考えます。

  • キーワード:住民自治、格差社会、当事者の声、脱植民地化

  • 講師:

  • 竹峰誠一郎さん(明星大学教員

  • 平林今日子さん(京都大学特定講師

  • 瀬戸麻由さん(カクワカ広島メンバー)

  • ファシリテーター:畠山澄子さん(ピースボート)


講師略歴:竹峰誠一郎さん

明星大学人文学部人間社会学科教員。大学4年生からマーシャル諸島に通い続け、著書『マーシャル諸島 終わりなき核被害を生きる』(新泉社、2015年)などを発表する。「グローバルヒバクシャ」の概念を提唱し、世界の核被害に着目した研究を進める。近年は、世界の核被害者の補償制度の掘り起こしと比較研究を共同で進める。共同研究の成果を活かして、HP ”Seeking Justice: Compensation for Nuclear Victims/Survivors around the World”を開設したり、日本語では「世界の核実験被害補償制度の掘り起こしと国際比較研究――核兵器禁止条約を踏まえて」(『環境と公害』50巻2号、岩波書店、2020年10月)などを発表したりした。専門は国際社会学、平和学、博士(学術)。第五福竜丸平和協会専門委員などを務める。


講師略歴:平林今日子さん

京都大学特定講師。広島大学大学院在学中に、カザフスタン・セミパラチンスク核実験場周辺の被災住民への聞き取り調査に携わり、今日まで継続して行っている。現在、京都大学大学院医学研究科エコチル調査(子どもの健康と環境に関する全国調査)京都ユニットセンターで特定講師を務める。専門は平和学、社会(医)学、核被害に関する研究。


講師略歴:瀬戸麻由さん

核政策を知りたい広島若者有権者の会(カクワカ広島)メンバー。シンガーソングライター。1991年生まれ。広島県呉市出身・在住。大学時代にピースボートに乗船し地球を3周。2013年の三度目のピースボート乗船時には外務省から委嘱を受けた「ユース非核特使」として「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」に参加。現在は広島を拠点に、音楽活動のかたわら「Social Book Cafeハチドリ舎」で広島と人と世界をつなぐ場作りに挑戦中。


ファシリテーター略歴:畠山澄子さん

ピースボートではおりづるプロジェクトや若者向けの教育プログラム「地球大学」に携わる。2017年3月の国連本部における核兵器禁止条約交渉会議で被爆者のスピーチを通訳。核軍縮に関する国際会議に参加してきた経験から、核をめぐる国際情勢や市民の役割についてさまざまな場で講演を行ってきた。現在はペンシルベニア大学や早稲田大学で核のグローバル史を教えるほか、小中学生向けの平和教育ワークショップなど、平和や戦争をテーマに体験型・参加型のプログラムも数多く行っている。ケンブリッジ大学政治・社会学部卒業、ペンシルベニア大学大学院博士課程修了(科学技術史)。専門は核のグローバル史、科学技術と社会論。共著に『Navigating Disarmament Education: The Peace Boat Model(「軍縮教育 ピースボートの方法論」[英語書籍] )』『殺人ロボットがやってくる!?軍事ドローンからロボット兵器まで』。



VOL.3 11月11日(金)SDGsと核と平和とジェンダー

この回ではジェンダーに関する事例を取り上げます。

基地がある町や戦争下で女子、女性に対する暴力事件が起きていることや、基地での労働環境の不平等の問題など、ジェンダーに関する問題が見えないところで起きている例が少なくありません。一方、軍事関連の事業や機関に関わる女性は多いでしょうか?男性優位社会において戦争・紛争、核の抑止力の話が優先的に語られていないでしょうか? ジェンダーの視点から問題を掘り下げてみます。

  • キーワード:基地、核と女性

  • 講師:土岐雅子さん(ジェームズ・マーティン不拡散研究所)

  • ファシリテーター:メリ・ジョイスさん(ピースボート)

  • コメンテーター:三輪敦子(SDGsジャパン共同代表理事)


ファシリテーター:メリ・ジョイスさん

オーストラリア・メルボルン出身。 NGOピースボートの国際コーディネーターとして、核廃絶、 平和構築、気候変動、SDGsなど、 様々なプロジェクトに携わる。「武力紛争予防のためのグローバルパートナーシップ」(GPPAC)東北アジア地域事務局担当として、市民レベルでの対話や信頼醸成のための活動に取り組む。2020年9月、韓国政府統一部から「朝鮮半島平和親善大使」に

委嘱。 日英会議通訳者としても活動。


コメンテーター略歴:三輪敦子

SDGsジャパン共同代表理事、(一財)アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)所長/(特活)関西NGO協議会代表理事。日本赤十字社外事部(現国際部)、国連女性開発基金(現UN Women)アジア太平洋地域バンコク事務所、国際協力コンサルティング会社、(公財)世界人権問題研究センター等において、ジェンダー、開発、人道支援、人権分野の様々なプログラムの実施支援や調査・研究に携わってきた。SDGs推進円卓会議構成員。2019C20共同議長。2022 W7アドバイザー。


VOL.4 11月25日(金) SDGsと核と平和と環境問題

戦争によってどれだけの環境破壊が行われ、温暖化が進み、生物多様性が失われるでしょうか。日頃から行われている保全活動も戦争によって一気にその効果が失われ、土地が荒廃し、水や大気の汚染が蔓延します。化学兵器や核のごみ問題など、環境を脅かす問題が山積しており、私たちの人体への影響も心身ともに深刻化します。戦争のない世界を環境の視点から考えます。

  • キーワード:ウクライナ、福島、自然保護、原発、エネルギー

  • 講師:

  • 武藤類子さん(原発事故被害者団体連絡会共同代表)

  • 明日香壽川さん(東北大学教授)

  • ファシリテーター:高橋真樹さん(ノンフィクションライター)


講師略歴:武藤類子さん