「持続可能な開発報告書2020」公表 日本は17位に後退

ドイツのベルテルスマン財団(Bertelsmann Stiftung)と持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN:Sustainable Development Solutions Network)の報告書「持続可能な開発報告書2020」(Sustainable Development Report 2020)が6月30日に刊行されました。同報告書によれば、日本は、2019年の15位からランクを2つ落とした17位という結果となりました。


「持続可能な開発報告書2020」p.270


SDGsの達成に関わるCOVID-19の影響を分析した同書では、アフターコロナの時代にSDGsが政策策定の指標になること、他方でパンデミックによるSDGsの進捗が停滞・交代するおそれが指摘されています。


昨年の15位より17位にランクを落とした日本では、17のゴールのうち赤くなっている5つが取り組みが不十分であると評価されています。


  • ゴール5:ジェンダー平等

  • ゴール13:気候変動

  • ゴール14:海の生物多様性

  • ゴール15:陸の生物多様性

  • ゴール17:パートナーシップ


また、取り組みが後退している目標として、ゴール10「不平等をなくそう」が挙げられました(上記270頁の赤字の矢印のもの)。これは、「パルマ比率(Palma ratio:全世帯を所得の大きさで10階級に分類したとき、最富裕層と下位層40%の所得比)」と66歳以上の高齢者の貧困率」の改善が見られないことが理由となります(詳細は271頁参照)。


同報告書では上位20位の国は以下の通りです。

SDG Index 2020 Rankings カッコ内はスコア

  1. スェーデン(84.72)

  2. デンマーク(84.56)

  3. フィンランド(83.77)

  4. フランス(81.13)

  5. ドイツ(80.77)

  6. ノルウェー(80.76)

  7. オーストリア(80.70)

  8. チェコ共和国(80.58)

  9. オランダ(80.37)

  10. エストニア(80.06)

  11. ベルギー(79.96)

  12. スロベニア(79.80)

  13. 英国(79.79)

  14. アイルランド(79.38)

  15. スイス(79.35)

  16. ニュージーランド(79.20)

  17. 日本(79.17)

  18. ベラルーシ(78.76)

  19. クロアチア(78.40)

  20. 大韓民国(78.34)





1,670回の閲覧
最新記事
​カテゴリー
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon

​Copyright © SDGs市民社会ネットワーク All rights reserved.