top of page

<定員50名>1月15日開催 新春放談 三輪敦子×森井悠里香とSDGsの未来を語る~SDGsジャパン理事リレートーク~

一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク(SDGsジャパン)では、「誰一人取り残さない」ためには「誰」に目を向ける必要があるのか、「取り残さないためには何が必要なのか」を始め、SDGsの重要課題をさまざまな視点から考える、リレートーク「あと7年。SDGs達成へ向けた道のりを考える」を開催してきました。


2024年新春となる今回(9回目)は、日本政府SDGs推進円卓会議構成員でもある三輪敦子共同代表理事と、youth&childrenのメンバーとしてNYでSDGサミットに参加した森井悠里香理事の新春放談です。


12月末に発表される予定のSDGs実施指針改定版について、また2024年〇月に開催が予定されており、ポストSDGsが議論されるとと言われている国連未来サミットについて、三輪さん、森井さんから語っていただきます。


SDGsの今後、地球の将来、日本の未来について、参加者の皆さんと自由に語れる時間にしたいと思います。ぜひご参加ください!

 

日時:2024年1月15日(月曜)19:00~20:00

開催方法:ZOOMでの開催

*ZOOM情報は参加申込者に開催日前にご案内します。

*当日は10分前からアクセス可能です。

主催:一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク

定員:50名(申し込み順)

 

登壇者略歴

三輪敦子

(一財)アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)所長/(特活)関西NGO 協議会代表理事


日本赤十字社外事部(現国際部)、国連女性開発基金(現UN Women)アジア太平洋地域バンコク事務所、国際協力コンサルティング会社、(公財)世界人権問題研究センター等において、ジェンダー、開発、人道支援、人権分野の様々なプログラムの実施支援や調査・研究に携わってきた。SDGs 推進円卓会議構成員。2019C20 共同議長。W7ジャパン2023共同代表。


森井悠里香

持続可能な社会に向けたジャパンユースプラットフォーム 政策提言部 統括


イギリス ダラム大学にて国際関係学を専攻する傍ら、2022年4月より持続可能な社会に向けたジャパンユースプラットフォームの事務局員として活動を開始。第3回パリ協定とSDGsのシナジー強化に関する国際会議にてサイドイベントを開催、また本会議にパネリストの一人として登壇した。2022年12月よりWomen7(W7)の実行委員として活動を開始。SNSを通しての普及啓発活動やユースコンサルテーション運営を担当。W7サミットではユース代表として小倉男女共同参画担当大臣にインタビューを実施した。


閲覧数:145回
最新記事
​カテゴリー
bottom of page