[〆切5月14日]SDGsに関する自発的国別レビュー(VNR)についての意見募集

日本政府は2021年7月に開催される国連閣僚級ハイレベル政治フォーラム(HLPF)で、2017年に続き2回目の「自発的国別レビュー(VNR)」を発表します。


VNRは各国のSDGsの進捗に関する報告であり、2020年までに延べ168か国が提出しています。2021年は日本を含む44か国が発表を予定しています。日本の現状や取り組みの長所および課題を明確にして今後のSDGs推進のあり方を検討するため、多様な人々が参加してVNRを作成することが重要です。


VNRのドラフトが政府とSDGs推進円卓会議民間構成員によって作成され、4月30日(金)から5月13日(木)の期間で「パブリック・コメント」が募集されています。


個人および団体のどなたでも、VNRのドラフトに対して意見を提出できます。

ぜひパブコメに意見をお寄せください。


<総務省ウェブサイト>

「持続可能な開発目標(SDGs)に関する自発的国家レビュー(VNR)についての意見募集」


なお、SDGsジャパンはパブコメ提出方法のガイドを作成しました。

こちらもご参考ください。


PDF:「パブコメガイド<基本編>」

2021VNR_publiccomment
.pdf
Download PDF • 1.55MB

458回の閲覧
最新記事