【〆切が21日に延期】SDGs実施指針改定への提言書を受付中


2023年に予定されている、2回目となるSDGs実施指針改定に向けて、SDGs推進円卓会議民間構成員を中心に提言を広く募集しています。

SDGs達成に向けた日本の政策実施に関して市民社会から多様な声を届ける機会となりますので、是非提言をお寄せください。


・提言提出先:SDGs推進円卓会議 民間構成員

・提出〆切:10月17日21日に延期されました

提言募集の詳細はこちら


SDGs市民社会ネットワークは、「誰一人取り残さない」社会に向けた政策提言活動の一環として、SDGs実施指針に市民社会からの多様な声が反映されることを目指しています

【SDGs実施指針とは?】

SDGs実施指針は、日本が国連「2030アジェンダ」を実施し、国内外においてSDGsを達成するための国家戦略です。本指針は政府のSDGs推進本部(本部長:総理大臣、構成員:全閣僚)が策定しますが、各セクターや有識者の意見を聞くことを目的に「SDGs推進円卓会議」が設置されています。この円卓会議には、民間構成員としてNPO/NGO、ユース、民間セクター、国際機関など15名の民間構成員が参加しています。

→現行のSDGs実施指針はこちら


【SDGs実施指針改定に関するプロセス】

2016年12月

SDGs実施指針の策定

2019年12月

SDGs実施指針の第1回改定

2022年 7月

「SDGs実施指針に関するパートナーシップ会議第1回」

(現在)

パートナーシップ会議第2回に向けた提言の募集