top of page

ウクライナ危機への声明 / A Statement on the Ukraine War

(English Follows Japanese)


一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク(東京都千代田区、共同代表理事:大橋正明・三輪敦子)は、ロシアによるウクライナ侵攻が始まってから1年となる2月24日、声明を発表しました。


一刻も早く平和を、暴力のない世界を、ウクライナで、そして世界で


一般社団法人 SDGs市民社会ネットワーク

共同代表理事 大橋正明・三輪敦子


一年前に始まったロシアによるウクライナ侵攻に際し、私たちは以下のように訴えました。


「戦争」ではなく「武力」ではなく、「対話」と「外交」で問題の解決を


残念ながら、この訴えは実現していません。問題解決の道筋は見通せず、長期化が予想され、さらなる戦闘の激化が懸念されています。


ロシアによる軍事侵攻や気候危機などリスクが深刻化しているにもかかわらず国際規範や制度が機能停止に陥っていることが要因となり、1月に発表された人類滅亡までの時間を示す「終末時計」は、前年より10秒、針を進め「残り90秒」となりました。


また、今回の軍事侵攻による死傷者や被害の規模は、救援ボランティアやジャーナリスト、10カ国を超える近隣国を含む市民の犠牲なども合わせ、把握すらできていません。


武力行使の激化、暴力の蔓延、格差と不平等の拡大、不安と不満の増大、分断の深刻化により、SDGsの達成は遠のくばかりです。


今こそ共助、共生、連帯の価値を確認し、絶望することなく対話の可能性を追求し、惨状を乗り越えるための叡智と勇気が求められています。


武力、そしてあらゆる暴力が、すべての命、人権、環境、社会、経済にとって最大の脅威であることを改めて認識し、平和の実現を、そしてSDGs達成を。


SDGs達成期限である2030年までの折り返し地点となる今年、武力紛争や暴力のない、平和で公正で

豊かな未来を誰一人取り残さずにつくるための道筋を皆さんと丁寧に探ります。


声明文ファイル(PDF)はこちら


本声明に関するお問い合わせ先

一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク 担当:久保田

TEL:03-5357-1773

メールアドレス:teigen@sdgs-japan.net


 

February 24, 2023


Statement on One Year of Russia’s Invasion of Ukraine


Masaaki Ohashi, Atsuko Miwa

Co-Chair, Japan Civil Society Network on SDGs


We appealed for "dialogue and diplomacy, not war and force" when Russia invaded Ukraine a year ago.

Unfortunately, this call has not been achieved yet. No clear path has been found to end the destructive violence, and fears of an escalation of the prolonged war have reached a peak.


The international rules and regulations have no effect on Russia's invasion of Ukraine, and the world’s response to climate change has been impaired. This caused, in January 2023, the Doomsday Clock to move 10 seconds forward from the previous year to 90 seconds to midnight, warning us how close we are to destroying our world.

The scale of casualties and damages caused by the war, including the loss of humanitarian volunteers and journalists, as well as civilians from more than 10 neighboring countries, has not even been captured. The intensification of the use of force, the spread of violence, growing inequality and disparity, increasing insecurity and discontent, and splitting of the world in deep will only reverse the progress towards achieving the SDGs.


Now, we claim for peace - a world without violence all around the world.


Wisdom and solidarity are urgently required to confirm the values of mutual assistance, coexistence and solidarity, to pursue the possibility of dialogue without despair, and to overcome the devastation.


We must realize peace and we must achieve SDGs, highlighting that armed forces and any forms of violence are the greatest threat to all lives, human rights, the environment, society and the economy.

This year, as the turning point to 2030, we will explore the way together with you to create a peaceful, equitable and prosperous future which is free from armed conflict and violence, with our ‘leaving no one behind’ principle.


PDF is here


Contact information:

Mr. Masaki Kubota, Japan Civil Society Network on SDGs






最新記事

すべて表示
最新記事
​カテゴリー
bottom of page