top of page

第3回SB研研究会「「貧困」について」

2023年に発足した、持続可能な開発のための2030アジェンダ(以下、2030アジェンダ)およびSDGsから抜け落ちた課題、論点を議論する、研究会「SDGs&Beyond30研究会(SB研)」。


3月22日に第2回研究会が開催されました。

 

第3回研究会テーマ:

「貧困」について コロナ禍から見えてきたことを中心に


ディスカッションポイント

日本では貧困対策の中で、さらに家族や友人、地域社会や公的セーフティネットから孤立し、必要な支援を受けられない状態に置かれる者も多いことから、孤独・孤立対策の重要性も指摘され、2023年には孤独・孤立対策推進法が成立している 。ディスカッションでは、貧困・格差が生じる制度的課題を議論しつつ、貧困・格差解消に求められることは何か?構造的要因と変革の道筋を議論する。


講師:大西連(認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい理事長)

生活困窮者支援に携わりながら、日本の貧困、社会保障の問題などについて、発信、提言を精力的に行っている。著書に『すぐそばにある「貧困」』(ポプラ社)など。政府のSDGs推進円卓会議構成員、内閣官房孤独・孤立室政策参与。



閲覧数:13回

Comments


最新記事
​カテゴリー
bottom of page